ワイエスラボフラーレン配合美容オイルの全成分一覧と感想

 

「ワイエスラボのフラーレンオイルって敏感肌の私でも使えるのかなぁ?」

 

 

今回はワイエスラボの看板商品
「フラーレン配合美容オイル」
本当に肌に悪い成分が配合されていないか。

 

それからどんな効果に期待できる成分が配合されているのか
という事を徹底的に分析いたします。

 

フラーレン配合美容オイル全成分一覧

 

フラーレン配合美容オイル

効果

毒性

スクワラン

保湿成分。

「水素結合」という結合力で水分を引き寄せる力がある。

ヒアルロン酸と相性が良く、合わせて使う事で保湿効果がさらに高まる。

今回は油溶性のフラーレンを溶かす為の働き。

無し

フラーレン

ビタミンC誘導体の100倍以上の抗酸化効果有。

ニキビの原因である肌表面の活性酸素を無効化・除去する働き有。

無し

 

フラーレン配合美容オイルは本当に安全?

 

 

フラーレン配合美容オイルの全成分は
上記「スクワラン」と「フラーレン」のみです。

 

スクワランは肌にもともと存在する成分なので、
肌に馴染み易く低刺激です。

 

このスクワランの用途は
油溶性のフラーレンを溶かす為の
溶媒として配合されています。

 

そしてフラーレン自体の安全性は
ビタミンC60バイオリサーチ株式会社という所で
アレルギー性、皮膚刺激性、眼刺激性等
問題ない
と確認とれていますので、
ご安心頂ければと思います。

 

実際にフラーレンオイルを使った感想

 

 

利用を続けている内に肌表面に活性酸素が無くなったからか
肌色がワントーン明るくなったのを感じました。

 

ただ、ヒアルロン酸濃縮液を塗った後に塗らないと
フラーレンオイルがヘタって
肌全体に上手く行き渡りませんので、
ヒアルロン酸濃縮液と一緒に使うと良いです。

 

ですので、まず購入するのであれば、
いきなり現品ではなく
トライアルセットを購入すると良いかもしれません。