ワイエスラボ化粧品の口コミ|私が自ら試した結果は…?

 

 

何故、クレンジングによって肌がボロボロになってしまうんでしょうか?

 

何故、いくらケアをしてもニキビや毛穴の汚れは出てきてしまうのでしょうか?

 

もうこれ以上綺麗になることはできないのでしょうか?

 

 

このようにお悩みの方には実はある共通点があります。

 

それは正しいスキンケアを選べていないという事です。

 

もし美肌を手に入れたいなら…?

 

エステに行きましょう

 

高級化粧品を使いましょう

 

こんな方法が一般的ですが、
今回お薦めするワイエスラボの化粧品は
これらとは全然違って
安くそれ以上の美肌を手に入れる事ができるんです。

 

ワイエスラボのお試しセットの中身には

  • スクワランクレンジングオイル
  • うるおい肌石鹸(無添加石鹸)
  • モイスチャーローション(ヒアルロン酸濃縮化粧液)
  • フラーレン配合美容オイル

の4点があります。

 

 

商品について
1つ1つメリットデメリット、口コミを
お伝えしようと思うのですが、
まずワイエスラボの全商品に共通して言える
大きなメリットは

  • 合成界面活性剤未使用
  • 合成ポリマー未使用
  • 毒性のある植物エキス未使用

という点です。

 

簡単に言うと上記3つは全て肌に悪い成分なんですけど、
現在の化粧品は
これらが配合されている化粧品が9割以上を占めます。

 

ですので、これら3つが無添加だという点が
このワイエスラボの魅力の1つです。

 

ほとんどのクレンジングに配合されている合成界面活性剤とは?

 

通常クレンジングはメイクを落とす為に使われますので、
どんなに低刺激なクレンジングにも
必ず合成界面活性剤というのが含まれます。

 

この合成界面活性剤は食器洗剤にも含まれている成分で、
通常溶け合わない水分と油分を
溶かす働き
があります。

 

 

メイクは油性なので、
この合成界面活性剤でメイクを溶かして
落とすという仕組みなのです。

 

 

これの何が肌に悪いかと言うと、
もともと肌は外部刺激(紫外線やウイルス等)から
肌内部を守る為、
肌は水分と油分が何層にもなって
重なり合っている構造になっているんです。

 

 

この水分と油分の重なりが
合成界面活性剤によって
溶けてしまうんです。

 

 

するとその結果、肌のバリア機能が壊れてしまって
肌が乾燥肌や敏感肌になってしまうんです。

 

 

食器用洗剤で手がかぶれるのと同じ理屈です。

 

 

あとはメイクが肌に染みつくのも
この合成界面活性剤が原因です。

 

 

ほとんどのクレンジングに
この合成界面活性剤が使われていて
「肌荒れの原因は毎日のクレンジング」
とすら言われています。

 

ですが、このスクワランオイルには勿論、
ワイエスラボの化粧品には
この合成界面活性剤が一切含まれていないんです。

 

これがワイエスラボの1つの魅力です。

 

「界面活性剤なしにどうやってメイク(油分)を落とすの?」
と思うかもしれませんが、
スクワランオイル自体が油性なので、
水性ペンが水で落ちるのと同じように
油性のメイクを油性のオイルで落とそうっていう理屈なんです。

 

ですので、肌のバリア層を傷つける心配がなく、
肌に優しいクレンジングを実現する事ができるんです。

 

「肌にメイクのシミができた」
という方もいるかもしれませんが、
実はアレも合成界面活性剤による
肌の破壊が原因なんです。

 

ですので、このクレンジング1つでさえ、

  • 肌の代謝機能の維持
  • メイク由来のシミ防止

ができる凄いクレンジングなのです。

 

「理屈はともかく実際にどうなんだ」
という方もいるかと思いますので、
実物をお見せします。

 

ワイエスラボ一式の実物

 

 

届いた箱がまぁお洒落です。笑

 

 

開けてみるとメッセージが記載されています。

 

 

商品はこの下の箱の中に入っています。

 

 

 

 

下の箱を開けると、
ワイエスラボの化粧品一式が入っていました。

 

しかも箱の裏側に使用順序と使用法が記載されています。

 

よく他のメーカーとかだと
説明書が別々になっている事が多いんですけど、
箱の裏側に書いてありますので、
正しい順序、使用法が利用前に目に入るようになっています。

 

「利用者の事をよく考えてるなぁ」と納得しました。

 

こんなプレゼントあるなんて聞いてなかったんですけど、
洗顔ネットも入っていました。

 

 

こういう特典って
あくまでおまけなんで
安っぽいイメージがあったんですけど、
実際に安物って感じじゃなくて、
結構頑丈で大きかったです。

 

 

洗顔ネットをそろそろ変えようかなぁ
と思っていた時期だったので
このサプライズは個人的に超嬉しかったです。

 

スクワランクレンジングオイルを使ってみた個人的感想

 

実際に使ってみます。

 

まずはクレンジングから。

 

 

ファンデーションなどのメイクも普通に落ちますし
目周りのメイクも少し落ちにくいのかなぁと気にはなったのですが、
思った以上に馴染み、十分普通に落とす事ができました。

 

実際に手に塗ったマスカラを落としてみます。

 

 

スクワランクレンジングを馴染ませます。

 

 

1分間放置し、ティッシュオフします。

 

 

これで一拭きですが、
結構綺麗に取れます。

 

 

今度はティッシュで拭き取らず、
抑えるだけに留めます。

 

 

 

このクレンジングで馴染ませたマスカラを
水のみで洗います。

 

 

完璧に落とせました。

 

クレンジングオイルのヌメヌメ感は残りましたが、
これも洗顔で落とせますので
ご安心頂ければと思います。

 

ただ、超強力な合成界面活性剤配合のクレンジングで
落とす習慣があった方からすると
クレンジング力に物足りなさを感じるかもしれません。

 

ですが、その強力なクレンジング力を当たり前にしてしまうと
肌が傷付く一方ですので、
これを機にクレンジングの習慣を変える事を
お薦めします。

 

強力なクレンジングに慣れてしまった人へ
もう1つ注意点を上げると
このスクワランオイルクレンジングだと
物足りなさを感してつい肌を擦ってしまいがちです。

 

クレンジングや洗顔時は
「擦り過ぎないように気を付けましょう」
等と言われる事が多いですが、
軽視してはいけません。

 

肌表面には肌の常在菌の善玉菌、悪玉菌が
バランスよく生息しているのですが、
クレンジング時や洗顔時は常在菌が洗い流されてしまうので、
一番この肌の常在菌のバランスが崩れやすい時だと
言われているからです。

 

 

するとちょっとした刺激や摩擦にも反応して、
肌荒れが起こる事もありますので、
擦り過ぎず、優しく抑えるように馴染ませて
クレンジングをすると良いです。

 

 

正しい使い方に関しては説明書にも記載がありますし、
動画にもなっておりますので、
ご覧頂けると良いと思います。

 

 

ワイエスラボクレンジングのメリット「肌に悪い成分一切不使用」

 

ワイエスラボのクレンジングは
無添加で肌の保湿機能を破壊する
合成界面活性剤が一切配合されておりませんので、
クレンジングによる肌の乾燥を防ぐ事ができるんです。

 

成分的に肌の機能を破壊しようがありませんので、
余程重度な敏感肌でない限りは
使う事ができるハズです。

 

もしこのクレンジングで痒みを感じる場合は、
一度化粧品全般の使用を止め、
ぬるま湯洗顔から始めることをお薦めします。

 

ぬるま湯洗顔でヒリヒリしなくなったら、
肌の常在菌が元に戻ってきているサインですので、
その後から徐々に
ワイエスラボの化粧品を取り入れていくと良いと思います。

 

ワイエスラボクレンジングのデメリット「メイクが落ちにくい?」

 

他の方の口コミを見ると
肌を破壊する合成界面活性剤配合の強力なクレンジングに慣れてしまうと、
メイクの落としにくさが気になる方もいらっしゃるようです。

 

ですが、馴染ませてティッシュオフすれば、
目周りの強いメイクだろうと
私がやったようにしっかり落とす事ができます。

 

ですので、こればかりは慣れですね。

 

うるおい肌石鹸の個人的感想

 

 

続いて洗顔石鹸です。

 

 

他の洗顔料に比べて、
安全な成分のみで構成されていて
「起泡材」が配合されていないので、
泡立ちも悪いのかなぁと思っていたのですが、
全然問題なく泡立ちました。

 

実際に石鹸を泡立ててみます。

 

まず洗顔ネット内に石鹸を入れます。

 

 

んで洗顔ネットで泡立てると
結構な量の泡ができるんです。

 

 

 

ただ、正直好き嫌いの問題でもあるんですけど、
私個人的には普通の固形石鹸の方がいい気がしました。

 

保湿成分が配合されているんですけど、
洗顔の役割はあくまで
「水溶性の汚れや皮脂を落とす事」
にあります。

 

保湿の役割は美容液等が管轄です。

 

逆に下手に肌を潤わせると
本来の役割である「肌の洗浄」の邪魔になります。

 

ですので、正直この洗顔石鹸に関しては
勿論肌に優しく
使っても全く問題はありませんが、
本来の役割的に普通の石鹸の方が良い気がします。

 

実際に洗い上がりも乾燥はしませんでしたが、
鼻の上の皮脂の落ちが微妙な感じがして…

 

実際に値段も
潤い肌石鹸:税抜き1,200円
普通の固形石鹸:1個80円ぐらい
ですので、個人的には普通の無添加石鹸の方がお薦めです。

 

ただ、これは個人的な好き嫌いな問題ですので、
洗顔後の肌のつっぱった感じが嫌だという方には
この潤い肌石鹸は合っているかもしれません。

 

うるおい肌石鹸のメリット「洗顔後乾燥し辛い」

 

口コミを見るとこのような意見が多かったです。

 

保湿成分によって
肌が乾燥しにくい仕様になっていますので、
洗顔後の突っ張り感が気になる方には
合っているかもしれません。

 

うるおい肌石鹸のデメリット「洗浄力が弱い」

 

デメリットとしては↑に書いた通りで
石鹸の方が洗浄力はあるという事ぐらいです。

 

モイスチャーローションの個人的感想

 

 

↓のフラーレンオイルと組み合わせて使うと
肌表面の活性酸素を除去させるフラーレンを
肌全体に行き渡らせる事ができます。

 

要するにフラーレンオイルの効果を引き出す為の
アイテム
です。

 

実際に使ってみます。

 

原液をまず小豆大に出します。

 

 

その後付属のスプーンで水を加えます。

 

 

何となく慣れると
スプーンなしでも作れるようになります。

 

原液と水を混ぜ合わせ、保湿化粧液ができます。

 

 

多少面倒ではあるんですけど、
これも肌の常在菌を殺してしまう防腐剤を使わない為の
対策
なのです。

 

一応、モイスチャーローション単体としては
ヒアルロン酸、グリセリンが主成分の保湿化粧液です。

 

無添加ですので、当然肌に良いですし、
ヒアルロン酸も1gで6リットルの水分を保持できる程の
の保水力がある成分ではあります。

 

濃度も十分なんですが、
保湿をこれだけで済ますのは
正直不十分かなぁ
と個人的に思いました。

 

というのも
ヒアルロン酸やグリセリンの保湿は「水素結合」という
水分を引きつける力で保湿をするからです。

 

水分を引き付けているだけですので、
乾燥すると水分が肌から離れていってしまうんです。

 

勿論保湿効果自体はありますし、
肌にも優しいです。

 

ですけど「セラミド1,2,3,6」が配合された
無添加美容液の方が保湿力には優れます。

 

ですので、モイスチャーローション、フラーレンオイル利用後に
別途セラミド配合の美容液で保湿すると
更に肌は良くなると思います。

 

モイスチャーローションのメリット「肌に悪い成分無添加」

 

↑に記載した通り、肌に悪い成分が無添加なので
副作用が起き辛い化粧水です。

 

デメリット「保湿としては物足りない」「手間がかかる」

 

通常の化粧水はほとんどが水で構成されていますので、
ジャブジャブ塗っても結局蒸発してしまうんです。

 

水分の蒸発は逆に乾燥を招きます。

 

唇に唾を塗ると余計に乾燥するのと同じです。

 

そういった誤ったケアをしていた方からすると、
このヒアルロン酸濃縮液の保湿だけでも
高い効果を実感できるのかもしれませんが、
保湿を目的とするなら上から油分を補う事が大事です

 

それから肌への優しさを感じる一方で、
モイスチャーローションを水で薄める行為を
手間に感じる方もいるようです。

 

ただ、慣れればどうって事も無いですので、
ご安心頂ければと思います。

 

フラーレン配合美容オイルの個人的感想

 

 

先に言います。

 

これはメチャメチャお薦めです。

 

紹介サイトにも関わらず否定が続いてしまいましたが(笑)、
これは安心して頂ければと思います。

 

この美容オイルにはフラーレンが配合されています。

 

「ビタミンC誘導体配合の化粧水」等が
話題になっていますが、
フラーレンの抗酸化力は
このビタミンCの100倍以上
と言われています。

 

肌の皮脂を酸化させる
「活性酸素」という物質が肌表面にあるんですけど、
この活性酸素が働き、皮脂を酸化させることで
ニキビや肌荒れが起こります。

 

そのニキビや肌荒れの原因の「活性酸素」を
全部無力化してくれる凄い美容オイルなんです。

 

私の場合、実際に使ってみて、
白ニキビになっていた部分があったのですが、
利用2日目ぐらいでいつの間にか消えていました。

 

その後も利用1週間ぐらいで
肌が1トーン明るくなるのも実感しました。

 

「数滴にもかかわらずフラーレンってやっぱり凄い成分なんだなぁ」
と改めて実感しました。

 

 

フラーレン配合美容オイルのメリット

 

肌表面の老化物質「活性酸素」を全て無力化しますので、
当然肌は綺麗になっていきます。

 

それから肌の皮脂を酸化させる活性酸素を除去しますので、
それによって「肌が柔らかくなった」
実感する方も多いようです。

 

フラーレン配合美容オイルのデメリット「肌奥まではケアできない」

 

基本的にスキンケアでできる事は肌表面のケアですので、
肌奥のケアまではできません。

(当たり前ですが…笑)

 

肌奥を綺麗にするなら生活習慣を整える事が大事です。

 

みんながワイエスラボを選ぶ理由

  • 合成界面活性剤未使用
  • 合成ポリマー未使用
  • 植物エキス未使用
  • 肌荒れリスクが限りなくゼロに近いスクワランオイルクレンジング
  • ビタミンCの100倍以上の効果があるフラーレン配合の美容オイル
  • 肌への優しさに対する徹底ぶり

 

実際にワイエスラボは
「菜の花皮膚科クリニック」
という皮膚科由来の化粧品で
なんとスタッフ全員が肌荒れ経験者なのだそうです。

 

ですので、成分には徹底的にこだわり、
リスクのある成分は一切使っていないようです。

 

肌に良い成分の中でも更にこだわり、
クレンジング1つにしても成分をあらゆる成分で
徹底的に実験したそうです。

 

日本、アメリカ、シンガポールで
「水なしで保湿成分だけを閉じ込める技術」
特許も取得しているようですので、
ここまで肌に優しい化粧品も
なかなか出会えないかもしれません。

 

想像してみて下さい。

 

乾燥肌・敏感肌から脱出した肌を!

 

肌荒れやニキビができにくい肌になる事を!

 

素肌がモデルみたいに綺麗!と言われる未来を!

 

 

特にクレンジングとフラーレンオイルに関しては
他社とは比べ物にならない程の優れものです。

 

↓で4点サンプルをお試し頂けますので、
是非ご覧になってみて下さい。